体に愛を刻みたい三十路

付き合って半年の彼は30歳。
今までも、そしておそらくこれからもずっとフリーター。

大学入ってすぐ働き始めた飲食店でのバイト仲間で、とても優しく顔もタイプだし、相性のいい彼と一緒にいられて幸せ。
ハタチの私は、彼とよく「ずっと一緒にいたいね」って話していた。お

互い実家暮らしのため、バイトの休みを合わせては安いラブホテルにお泊りするのが恒例だった。
半年記念日、ホテルに行く前に立ち寄ったディスカウントストアで、彼が突然「俺、お前の名前を腕に刻みたい」って言いだした。

彼の左手首にはタトゥーがあり、数年前に自分で入れたとは聞いたことがあった。
ちょっと待って、名前を刻むって結構責任重大!私まだハタチだし、この人の人生を背負うのは荷が重すぎるかも。

ずっと一緒にはいたいけど、実際結婚するかどうかわからないし。現実的な事を瞬時に色々考えた。
「でも…もし別れたらどうするの?」「別れないよ。いつか結婚するでしょ」としばらく説得を続けられ、「俺がそうしたいんだから、本当に好きなら俺の為だと思ってやらせて」と言われるとなんだかもうどうにでもなれっていう気持ちになって承諾した。

今考えると、下らない覚悟の真似っこだった。
タトゥーの女の名前を刻み込めば、それがカッコイイ生き様だと考えていたようである。
いろいろと社会的に制約されることも、彼は知らなかったらしい。

温泉宿で通報されたり、ショッピングモールでも通報された。
消せばよいのに。
消すには美容外科での手術が必要らしい。

そして私は風俗の道。

»