2人の時間をめいいっぱい楽しむ

外に出るともう冬将軍が幅をきかせていて、どこにいても寒いと感じてしまう。
待ち合わせ場所は、六本木のとあるお店の前、今日はそこでおいしいワインとモッツァレラチーズを楽しむのです。
お店の前に行くと、店長がでてきて、私たちを奥の席へ案内してくれました。

ここは彼のお友達がやっているお店なので少々わがままが効いたようです。
店員は、私たちのじゃまをしないように気遣ってくれています。
この店ででてくるのは、ワイン以外は、チーズか、サラダだけ。
ディナーの代わりにはならないと思うでしょうが、実はそんなことはなく、たっぷり食べられる。
しかも次から次へと頼むわけではないので、二人でゆっくりと話をするのにはぴったり。
今日は今度一緒に出掛ける旅行の話をしながら過ごす予定。
月に一回はこんなデートをしているのです。
普段はゆっくり会えることができないので、月に一回、じっくり会いましょうと決めています。
もちろん、時間が空けば誘うこともできるし、そのとき合わなければ断ればいい。
でも今のこの時間は、二人で過ごすと決めたら、よっぽどのことがない限り二人の世界に浸ることにしています。
ちゃんとお互いの目を見て、声をきく。
この時間が二人にとっても至福の時間であるように思うのです。
普段はバタバタする2人ですが、携帯をみることもなく過ごす時間で、めいいっぱいの愛情を示してくれます。
だから、また、しばらく二人の時間がなくてもやっていけるのですよ。

«
»