二股

恋愛体質な私

昔から恋愛体質だった私は、高校生の頃から彼氏がいない時期というのがほとんど無い。
一人が寂しくて、寂しさを癒してくれるなら誰でもよかった。
派手な格好をしていたので、、チャラチャラした感じの男の人から言い寄られる事が多かった。

“恋愛体質な私” の詳細は »

忘れられない初恋

結婚生活。
独身の頃はこの響きに強い憧れがあったものだ。
だけど、いざ結婚して夫婦としての生活が始まると、思い描いていたような甘いものとはほど遠いのが現実だ。
朝起きて、二人分の朝食を用意してバタバタ準備して仕事に出かける。
仕事から疲れて帰ってきて、今度は夕食の用意。
こんなルーティン業務の中で、甘い愛の言葉をささやきあう余裕なんて一体どこにあるのだろう・・・

“忘れられない初恋” の詳細は »

だれにも知られずキスをする

自動車の販売をしているので、よくお客様のご自宅へでかけていきます。
車の受け取りやら何やらでお客様サービスとして、ご来店いただかずに済むようにするためなのだけど、大抵のお客様はお忙しいので、夕方や夜にいくことも少なくありません。

“だれにも知られずキスをする” の詳細は »

誰にも言えない恋

二股とか不倫とか、私には無縁だと思っていた。
父親が、不倫の末家を出て行き両親は離婚。母が大変な苦労をして私たち兄弟を育ててくれたのを見ているのもあり、
むしろその類のものには強い嫌悪感をもっていた。

“誰にも言えない恋” の詳細は »