忘れられない初恋

結婚生活。
独身の頃はこの響きに強い憧れがあったものだ。
だけど、いざ結婚して夫婦としての生活が始まると、思い描いていたような甘いものとはほど遠いのが現実だ。
朝起きて、二人分の朝食を用意してバタバタ準備して仕事に出かける。
仕事から疲れて帰ってきて、今度は夕食の用意。
こんなルーティン業務の中で、甘い愛の言葉をささやきあう余裕なんて一体どこにあるのだろう・・・

そんなつまらない日常の繰り返しだからなのだろうか、寝る前の布団の中でたまに思い出す。
あの、痩せた体に細い切れ長の目・・・もう二度と会うことはないであろうその彼の事を。
5年前、私の一目惚れではじまった切れ長の目の彼とは、結局半年くらい付き合ってたのかな。
元々彼女がいるのは知っていた。要は彼の二股。もっというと私は二番目の女。
今の私だったらそんな人に深入りすることはないだろうけど、そのときは、そんな事がどうでもよく思えるくらい大好きだった。
所詮私は二番目だったから、逢うのはいつも彼からの連絡待ち。
その頃はいつ連絡があってもいいように、仕事が終わったらまっすぐ家に帰って、いつでもスタンバイOKの状態にしていた。
彼からの急なお誘いに備えてせっかくの友達からの誘いも断ったり。でも結局鳴らない携帯を握りしめながら寝る毎日。
そんな幸せともいえない切ない恋から救ってくれたのが今の旦那だ。
まぁ途中色々あったけど、旦那のおかげで二股の彼とはきっぱりお別れすることができた。
それを思うと、もっと旦那のこと大事にしなきゃな~って、ふと思う。
こんななんの取り柄もない私をもらってくれたんだし。
今日は久しぶりに、旦那の好きなハンバーグでも作ろうかな。

男をディスるブログ
女性が安心して楽しめる『ラブグッズ』
オトコ主導のアダルトグッズとは色も形も大違い。素直に感じたい、自分の体を磨きたい、オンナのほんもののケアグッズ
www.wendyholcomb.net/tag/goods/

«
»