下着にエネルギー

彼の洋服の話だが、去年タンクトップを買いにいった。
市内中心部にあるファッションビルに入っているセレクトショップに行ってみた。
トレンドを押さえたアイテムはもちろんだが、Tシャツやデニム、タンクトップといった基本のアイテムも充実している。

基本アイテムだからこそ、着回す機会が多くなる。
きちんとして見られるために、シンプルな洋服こそ、お金をかけたほうが良い!と思って、私が紹介したセレクトショップで2980円だった。

あれから一年経ち、また夏物のシーズンになった。
衣替えでそのタンクトップを出した所、あまりに伸び伸びになっていて驚いた。
Lサイズを購入したのに、3Lサイズほどあるのでは?というくらい伸びている。

基本アイテムは必然的に洗濯に回すことも多くなる。
その度重なる洗濯に耐えられなかったということだ。
実は去年の同時期、ファストファッションのお店でもメンズ用のタンクトップを購入していた。

これはシャツの下に着る用にして、あくまでも主役ではないという位置づけだったので、1枚790円でも全く問題なかった。
しかし、この790円のタンクトップは、買ったときと全然状態が変わっていない。
リブ編みになっているが、伸びることなくLサイズを保っている。

セレクトショップのタンクトップは、コットンを100%使っていて着心地は良さそうだが、伸びてしまった今ではもう着られない。
タンクトップでなくても、他の洋服でも言えることだが、洋服の強度は値段ではないと痛感したのでした。

»