ファッションの魔力

ファッション誌を見ていると、お金の感覚が麻痺する。
ページを開いた瞬間、自分の好みにストライク!そんなアイテムを見つけると、小文字で書いてあるブランド名と価格をチェックするのが楽しい。
「このブランドのお店は地方には無いな〜」とか思いつつ、やっぱり価格が気になります。

アクセサリーや時計、バックの特集はとくに価格チェックが楽しくて「高いんだろうな〜この時計、30万円くらいかな?」と予想していたが、「197,800円」などと書いてあると、安い!と思います。
冷静に考えると、すぐに買える価格じゃないのに、なぜか安くかんじちゃう不思議。

洋服だと予想価格のほうが下回っていることも多いのですが、たまに予想より下回っていると、意外と安い!と感じるのです。
実際、お会計のレジを前にしてその価格が表示されると、来月の引き落としのことをハイスピードで計算しながらカードを差し出しそうですが、ファッション誌を読んでいる私はセレブになりきっているようです。

最近は、マンションの価格をみても同じ現象が起きて自分でもおかしいです。
近所では再開発が進み高層マンションの建設ラッシュ。
毎日のようみ分譲開始のチラシが入ります。

「駅前のあのマンションか〜。最上階は4,000万円くらい?」と立地だけで予想しますが、間取り図の下に「2,200万円〜」と書いてあり「安い!買えるじゃん!」と嬉しくなります。
全然買えないのに、何言ってるんだろうと笑えてきます。

マンションのチラシに書いてある間取り図って夢がありますからね。
夢見るだけでいいんです。

«
»