ダイビングに挑戦したい思いと海への恐怖心

スポーツ全般あんまり得意とは言えない私ですが、死ぬまでの間に挑戦してみたいスポーツがあります。
それは、ダイビング。
綺麗な海に潜って、神秘的な世界をこの目で見てみたいんです。

友達が石垣島に旅行に行った時に、ダイビングに初挑戦したらしいのですが、すごく面白かったと言ってました。
泳ぎが得意でなくても、インストラクターの方が丁寧に教えてくれるから安心なんだそうです。
友達の話を聞いて、それなら私にもできるかも!と思ったんですが・・・。
でもやっぱり、怖いものは怖い。
海の事故にあったら・・・サメに襲われたらどうしよう・・・。
沖に流されて遭難したらどうしよう・・・。
そんな漫画みたいな場面そうそうあるわけないんですけどね、どうしてもそういうホラーな光景が頭をよぎってしまうんです。
バカみたいな話なんですが、子供の頃に映画「ジョーズ」を見て以来、海に恐怖心があるんです。
今は昔ほどではないんですが、映画を見た直後は一人でトイレに行くのも一苦労でした。
夏休みに海に連れて行ってもらっても、浅瀬でちゃぷちゃぷやるのが精一杯という、情けない子供でした。
大人になってから久しぶりに海に行ったら、だいぶ克服されていたのでホッとしました。
歳を重ねていくうちにフィクションはフィクションとして楽しむということを覚えたんだと思います。
でもやっぱり、海に潜るのはちょっと怖いです・・・。
そういう事情に加えて、元来小心者な私。
ダイビングはそんな私にとって、かなり難易度の高いスポーツと言えます。
だからこそ、人一倍憧れるのかもしれません。

«
»