顔の距離

昨夜は女四人で飲みに行ったが、とあるバーにいるとき、隣の席では合コンが行われていたようだ。
盆明けの土曜日で、街はごった返していたが、店の中はさらに賑やか。
あまりにも賑やかなので、私たちは色気も無く声が大きくなる。

それにつれて隣の男女は料理やお酒の感想を言うのでさえ、耳を寄せないと聞こえないようだった。
その甲斐あってかなのかは分からないが、非常に親密な関係になったようだ。
しかも、三対三の合コンでみんなそれぞれ向かい合わせの人と。

一言話すために顔を近づけないといけないので、顔の距離と比例して心の距離がぐっと近くなったみたいだ。
隣には、女四人盛り上がっている私たちがいたので、次の店は落ち着いたお店にそれぞれ移動したかな?と思った。
このように、人との距離感で、気持ちの距離感も変わってくるように思える。

ボディタッチすることなく、距離感を詰めるだけなので、緊張しがちな人でも恋愛テクニックとして取り入れられそうだ。
三対三の合コンで、最初はとてもシャイで全然しゃべらない男の子がいて、図々しい私たちは「あの男の子、向かい側の女の子がせっかく可愛いのに、全然近づけそうにないね」と勝手に思っていた。

しかし、テーブルで写真撮影をすることになり、カメラを持った店員さんが「寄ってくださーい」と言ってから、シャイな男子が少しずつ変わってきた。
ぼそぼそとした声だったが、ゆっくりと話ができてるようになっていた。

女の子もホッとしたようで、はにかみながら会話しているのがとても可愛らしかった。

»